神野さんに言われました。

神野さんに言われました。

AIの勉強をしています @sesenosannko

Aizu Competitive Programming Camp 2017に参加しました

チームperyaudo(@mt_caret、@raven_38_、@54k3y)に混ぜてもらってACPCに参加しました。オンラインです。 詳しいことはcaretくんが書いてくれました。わざわざ記事を立てることもなかったんですが、記念に立てたかった。 mt_caret.log - Aizu Competitive P…

TensorflowのBatch Normalizationについてのメモ

TensorflowのBatch Normalizationでハマったのでメモしておきます。 あるモデルで訓練時はうまく学習されているのにテスト時にはひどい出力を出されれるということがありました。重み共有とかいろいろとしていたので原因を探すのに時間がかかったのですが、…

GTX1070入りパソコンを作ってもらいました

ずっと深層学習ができるパソコンが欲しかったのですが、ついに9月6日に購入しました。 かわいいですね。 そろそろパソコン欲しいなという話をしたら↓の人ともう一人の友達が僕の知らない間にパーツを買って僕の家に来て30分くらいで組み立てて帰って行きまし…

ベルマンフォード法の負閉路検出について

常識だと思いますが、メモしておきます。 ベルマンフォード法は単一始点最短路問題をO(VE)(V:頂点の数、E:辺の数)で解くことが出来る手法です。ダイクストラ法と比較して、負の辺が含まれていても正しい解が求められることが特徴です。 ただし、始点から…

AOJ-ICPCカテゴリー分け

AOJ-ICPCの問題で僕が解くときに使った解法(アルゴリズムなど)をまとめておきます。 僕が使った(または調べたら出てきた)というだけで、最適なのかは分からないのでご了承ください。 解けるとは思います。 空欄は特に典型的な手法を使ったつもりがないも…

競技プログラミング サイト集

競技プログラミングに関するサイトのメモです。 問題のジャンル分け 主にICPCの問題のジャンル分けをしてくれているサイト。解く問題を選ぶときに参考にしている。 ACM/ICPC国内予選突破の手引き AOJ ジャンル分けメモ - ひよっこプログラマのプログラミング…

競技プログラミングを始めた

前からほんの少しやってすぐに飽きていたんですが、今回はKPCCというサークルでみんなでやろうという感じなので少し頑張ってみたいと思います。 解いた問題とかのメモをします。 AOJ-ICPC一日一AC、毎週AtCoder参加がノルマです。 アカウント:AOJ・AtCoder …

TOEFLの勉強でやったことのまとめ

しばらくTOEFLの勉強をしたので、何をしたのか自分が忘れないようにまとめておくことにしました。 参考までに僕の点数は以下のような感じで変化しました。 R L S W total 2016/6 25 25 19 22 91 2017/4 26 30 22 26 104 本 単語はおなじみの3800のやつです。…

自分の声を水瀬いのりさんの声にする他対1声質変換

声質変換で自分の声を水瀬いのりさんの声に変換する手法の紹介と実装。

水瀬声質変換の日誌

思い出したように書き始めました。実際には3月15日あたりから音声分析ライブラリ周りを実装したりしました。 3月36日 SI-ASR部分の製作を継続。BLSTMは全く学習できなかった。おそらく実装にミスがあると思う。 ひとまず一方向のLSTMで学習をしてみる。1000×…

TDAの概要と入門書の紹介

TDA(Topological Data Analysis、位相的データ解析)の概要と入門書の紹介。機械学習への応用がメインです。

情報幾何の概要と入門書の紹介

情報幾何の概要と、情報幾何と微分幾何の入門書の紹介。

スライド作成ツールMarpで僕が使っているCSS

こんにちは。さんこです。 なんとなくスマートだなと思ったので、最近はMarpというmarkdownのスライド作成ツールを使っています。 開発コンセプトにもある通り、環境構築がほぼ全く必要ないのも良いところです。 technica-blog.jp Marpに限らずmarkdown自体…

texでグラフィカルモデルを描写するライブラリを使った

メモです。 github.com 丁寧な説明書が無いですが、簡単な図ならこんな感じで直感的に描けます。 \node[オプション](名前){表示テキスト} \edge{インプット}{アウトプット} \plate{名前}{(要素1)(要素2)}{表示テキスト} 配置も細かく指定できるようです。 LD…

Show and Tell: A Neural Image Caption Generatorを読んだ

https://arxiv.org/abs/1411.4555 画像に注釈をつけるという有名な課題の2015年4月のGoogleの論文。 画像をCNNに入力し、中間層の出力をそのままRNNLMに入力するという半ば強引な手法で精度が向上した。 NLPを勉強するにあたって、文章に性格(人格?)を付…

音声分析アプリを作った

こんにちは。先週の金曜日に音声分析アプリを作って、昨日今日でtkinterのアプリにしました。 そこまではよかったのですが、sptk等を使っていたことを完全に失念していたので、アプリ化するのが非常に面倒になったので諦めました。 今回で懲りたのと、神野さ…

Tkinterで関数内でcanvasを変更するときの問題について

こんにちは。Tkinterでボタンを押した時にcanvas等を変更したいときは、buttonのcommandに与える関数内で操作するのが定石だと思うのですが、アプリを作っている中で期待する挙動をしてくれないことがありました。 Tk自体やTkinterとTkの関係を全く知らない…

tkinter.PhotoImageとガベージコレクション

こんにちは。PythonでTkを扱うためのライブラリであるTkinterでの画像表示で詰まったところがあったのでメモしておきます。 Tkinterも初めて使うので、いろいろと分からないことが多いです。三田祭に向けて音声分析アプリ的なものを作っていたのですが、分析…

brewを使わずにmp3環境とともにsoxをMacにインストールする

Anacondaとの衝突によりbrewを入れていないので、soxのインストールに手こずりました。 今はAnacondaは使っていないので機会があればbrewは導入するべきですね。 でもよくわからなくなっていた理由は単純にosx用にビルドされたファイルの使い方がよくわから…

フレームごとのGMM-based mappingによる声質変換

こんにちは。 個人的にはなかなか良い結果を得られたので書いておきます。https://www.cs.cmu.edu/~pmuthuku/mlsp_page/lectures/Toda_VC.pdf例によってこの論文なんですが、とりあえず2章の従来の方法というやつを試してみます。 この手法はフレームごとに…

VC Based on MLE of Spectral Parameter Trajectoryを読む②

続きです。 今回は3章の提案手法のところを読みました。 論文のメインですね。 それ以降は手法の評価なので、重要だとは思いますがとりあえず今の所はここまでにしておきます。 いろいろな手法を読みたいので。 sesenosannko.hatenablog.com Outline Abstrac…

VC Based on MLE of Spectral Parameter Trajectoryを読む①

ブログを見返すたびに集中して一つの分野をやれって言いたくなりますが、今回は統計的声質変換の論文を読みます近年の統計的声質変換から見ると単純な手法だと思いますが、戸田智基教授の有名(たぶん)な「Voice Conversion Based on Maximum Likelihood Es…

PRML図3.8(ベイズ線形回帰)の再現

久しぶりの更新になってしまいました。 8月いっぱいはイギリスに行っていたので、ほとんどなにもできなかったです。 帰ってきてからもうすぐ2週間になりますが、最近はほとんどPRMLを読んでいます。ということで、ありがちですがPRMLの図を再現してみようと…

Human-level control through deep reinforcement learningを読みました

そろそろQ-Networkを使って何か簡単なものを作ってみようと思ってるんですが(何回も言ってる)、すごく邪魔な期末試験のせいで少し間が空いてしまったので、内容を思い出すためにもnatureのDeepMindのAtariの論文を読もうと思います。正直、トロント大学のA…

Model-basedの強化学習について学ぶ

前回の記事で紹介したDavid Silverのスライドの後半の部分で、model-based RLという話が出ていました。 僕は聞いたことがなかったので、model-based RLについて少し調べてみたいと思います。 sesenosannko.hatenablog.com ちょうど良さそうな資料があったの…

Google DeepMindの深層強化学習についての記事を読む

深層強化学習について調べていたら、DeepMindのDavid SilverがICLR 2015で使用した資料(多分)を見つけました。非常に参考になったので少しまとめておきたいと思います。http://www0.cs.ucl.ac.uk/staff/d.silver/web/Resources_files/deep_rl.pdfまぁ前半…

ImageNet Classification with Deep Convolutional Neural Networksの論文を読む

とりあえず強化学習については本とかを読んで多少理解が深まっていて、atariのやつを再現したいなと思っています。 まずその前にCNNを実装した経験がなかったので、ImageNet Classification with Deep Convolutional Neural Networksを再現してCNNについての…

「スパコンを知る: その基礎から最新の動向まで」を読みました

スパコンを知る: その基礎から最新の動向まで作者: 岩下武史,片桐孝洋,高橋大介出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 2015/02/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る例によって流し読みなんですけどね。前半はそれなりに読みました。 スパ…

「一般教養としてのUNIX/Linux」を読みました

一般教養としてのUNIX/Linux作者: 中原紀出版社/メーカー: インプレス発売日: 2006/03/29メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (5件) を見る読んだ本についてもたまに書こうと思います。やっぱりシェルって嫌でも使いますよね。 UNI…

深層強化学習について理解する③マルコフ決定過程

続きですsesenosannko.hatenablog.com